避妊のマメ知識

アフターピルとその利用者数

女性が望んでいない妊娠をしてしまう事が増えています。昔は計画的に妊娠させたり、バブルの影響もあり、子どもをつくる事に対して積極的な面もありましたが、最近では経済的な面からも子どもをつくるのに計画をしたり、金銭面が整ってから妊娠をしたいという夫婦が増えています。

そんな中でもタイミングによっては本当に望んでいない妊娠をしてしまう女性も少なくありません。

その時の気持ちの高揚で性行為を行い、結果的に妊娠してしまうという事が多いからです。

悲しいことに妊娠してしまった女性の多くが中絶しているという現実があります。一年間で30万という中絶の手術が行われているのです。

中絶してしまうと、本当に妊娠したいときに妊娠しにくい体質になってしまう事もあります。

ですので、女性のリスクを考えると正しい避妊をちゃんと行って本当に妊娠したいときに避妊をしない性行為を行うほうが良いのです。

緊急用の避妊薬ってどんなもの?

緊急用の避妊薬、いわゆる後から飲むタイプのアフターピルに関して、これは性行為の際に誤って膣の中に射精したり、されてしまったり、男性が装着するタイプの避妊グッズとして知られているコンドームを使用していても、性行為時に破けてしまったりしたときに緊急で使用するピルの事を言います。

日常的に飲むタイプのものは低用量として毎日飲むことで妊娠するリスクを最大限下げることが出来ます。

それとは異なり、緊急用ですので、本当に万が一のために飲むおくすりとして持っている女性もいますが、日本ではあまり認知されていないという事実もあります。

アフターピルの詳しい情報

このアフターピルは婦人科などのクリニックで処方してもらったり、ネット通販で購入する事で手に入ります。

一般的なお値段は安いもので1,000円~2,000円程度が相場ですので、比較的リーズナブルなお値段で買う事ができます。

※病院で処方されるタイプのものは少し値段が高いかもしれません。

飲むことによって少し気分が悪くなったりと副作用もあるのですが、もしも妊娠してしまったあとの中絶手術などを考えると副作用のほうがリスクとしては少ないと言えるでしょう。

また、膣内に射精してしまっても24時間~72時間以内に飲むことでかなりの効果率で避妊に成功すると言われていますので、その効き目は大いに期待できると言えます。

アフターピルの購入を考えている女性はいろいろと情報を調べてから買うようにしましょう。