避妊のマメ知識

避妊薬について

妊娠をしたくない女性や生理周期を調整したい女性が飲むときに効き目のあるのがピルと言われいてる、俗にいう避妊薬です。

この避妊するためのお薬ピルはアメリカ発祥で、世界的にも認知され多くの女性が飲んでいます。

ピルは使用する国によって用途などは異なり、海外では10代の女性でも多くの方が使用しているのです。

日本では「妊娠したくない」と言う女性が飲むような感覚があると思いますが、生理の周期や子宮内膜症を緩和したり、治す時にもピルは用いられているので、女性のタメのおくすりとして、世界でも幅広い方使われているのです。

以前は高用量のピルしかありませんでしたが、医療の発達に伴い、中用量のタイプが製造され、後に低用量のピルが主流になっているという経緯があります。

また、ミニピルとも言われているのが、成分に黄体ホルモンだけを含んでいるタイプのおくすりで、これはあまり認知されていませんが、ピルの一種として使用されています。

避妊薬の注意点

避妊薬と言ってもいろんな種類のおくすりがあります。ただ単にピルを飲んでいれば避妊できるという印象があると思いますが、場合によっては副作用を感じてしまったり、気持ちが悪くなってきたりとそれなりのリスクもつきものです。

ピルに関しての副作用と言えば、吐き気がしたり、足がむくんできたり、時にはイライラするという症状もでてきます。

もちろん、これらの症状や副作用に関しては人それぞれですので、確実に起きるというわけではありませんが、場合によっては持病を悪化させてしまう恐れもありますので、正しい飲み方などを婦人科の先生に聞いておくのが最善策と言えます。

病院で処方されている避妊薬であれば、事前に副作用や注意事項などの説明もあると思うので、ある程度安心できると思いますが、ネットで購入する時には十分に気を付けてください。

通販で購入する時には、予め病院の先生にどんなお薬を買えば良いのか?をヒアリングしておきましょう。

避妊薬まとめ

ここまで、ピルの基本的な情報について紹介してきましたが、これを読んでいる女性の皆さんはどの程度理解していましたでしょうか?

この記事をみて今まで以上に避妊に対してしっかりと考えて頂けたら幸いです。