避妊のマメ知識

知っておくべき避妊術

女性の皆さんは本当に正しい避妊方法を知っていますか?

一般的に考えると、ピルを飲んでいれば避妊ができるイメージが強かったり、万が一にも、ピルを飲まない状態で膣内射精されてしまった時にはアフターピルを飲めば問題ないでしょう!?というイメージがあると思います。

しかし、実は避妊はそんなに簡単なものではないのです。ピルを飲んでいても正しく服用できていなかったり、本当に避妊するために効き目のある成分が含まれていないと飲んだとしても全く意味がないのです。

ここで、女性のみなさんが勘違いしないように間違っている避妊方法をまとめて紹介していきます。

こんな方法はNG

まず、コンドームを着けていなかったり、ピルを飲んでいなかったりしても意外と膣内で射精してしまうカップルは多いという事実があります。

もちろん、確率論で話すときりがありませんが、膣内で射精することによって妊娠してしまう確率はやはり高いと言えるでしょう。

また、この時に注意が必要なのが、膣外に射精すればコンドームを着けていなかったり、ピルを飲んでいなくても安心。と思っている男性や女性は多いです。

これは大きな勘違いです!

たとえ膣外にうまく射精できたとしても、男性が射精する前の分泌液に少なからず精液が混ざっている可能性があるからです。

精子の強さは男性によって異なりますが、女性器の近くで射精したとしても、なにかしらの拍子で精子が到達してしまう可能性も十分にありえます。

ですので膣外だからと言って安心してはいけないのです。現に、膣内で射精をしていなくても妊娠しているケースは多々見られます。

避妊に対する勘違い

前項目で膣外の射精について紹介してきましたが、他にも間違った認識や勘違いしている避妊方法があります。

それは、排卵日などを計算して妊娠しない確率が高い日に膣内射精をするという、若いカップルなどに多い考えです。

考えとしては間違っていませんが、これも100%避妊できるのかというと全くもって言い切れません!

むしろあてにならないと言えるでしょう。。。

具体的な排卵日を予測するなんてのは素人には難しいので、大まかな目安はわかりますが、それだけの考えで避妊に成功すると思わない事をオススメします。

また、膣内に射精した後に洗浄をしても効き目はありません。

直ぐに洗い流せばOKなんて思っている男性、女性もいると思いますが、これは大きな勘違いです。

射精した時点で子宮に達している可能性も十分にあり得ますので、その後、洗浄してもほとんど効果はないと思っておいてください。